FC2ブログ

「山背古道を歩く」

11月12日よりみちクラブ企画の「山背(やましろ)古道を歩く」に参加した。JR奈良駅から京都方面に5つ目にある玉水駅に集合した。20名弱の参加者がいた。井手町古里ガイドのみなさんに案内をお願いした。古道を歩くと言ってもほんの一部を歩くだけだったが、この町は橘諸兄が居を構えていた地域であり、当時大きな寺院が建立されていて、歴史を感じさせられた。
コースは以下の通りだ。
玉水駅⇒蛙塚⇒井手寺跡⇒玉津岡神社⇒地蔵禅院⇒小町塚⇒井手町まちづくりセンター椿坂(昼食)⇒橘諸兄旧跡⇒六角井戸⇒地福寺⇒JR玉水駅(約6km)
s-kawazuduka.jpg[蛙塚(かわずづか)]
井手を歌った和歌の中でも蛙に関するものは83首が数えられ、古来より井手は山吹とともに「蛙」の名所としても知られてた。鴨長明の「無名抄」には、「井手の蛙は大きさが普通の蛙と同じくらいであるが、色は黒くさほど飛び歩かずいつも水の中にいて、夜がふけるとその泣き声は清らかで、人の心をしみじみとさせる」と記されている。この蛙の鳴き声はきれいな鳥のような声であり、カジカガエルではと、思う。

s-idaijiato.jpg[井堤寺跡]
天平時代の左大臣で、万葉集の撰者でもあった「橘諸兄」が母・三千代の一周忌にちなみ氏寺を創建した七堂伽藍の寺跡で、西方浄土を形付けようと、境内を始め借景となる「玉川堤」他一帯に5月頃黄色い花が咲く黄金の花、「山吹」を植えたと云われている。
なお、「井堤寺」は、「円堤寺(えんていじ)」とも称し、寺跡から礎石の他、銅銭、海獣葡萄鏡、三色の釉薬をかけた「三彩」の垂木先瓦片等が出土晩年には小野小町も住んでした。

s-tamatuoka.jpg[玉津岡神社]
玉津岡神社上井手地区にある玉津岡神社は、社伝によれば、540年に下照比売命(しもてるひめのみこと)がこの地に降臨(こうりん)し、それを祀ったのが起源とされている。
本殿は貞享4年(1687年)の造営で京都府登録文化財、鎮守の森は文化財環境保全地区に指定されています。また、境内には橘諸兄(たちばなのもろえ)を祀った橘神社がある。

s-tachibanahi.jpg

橘諸兄公旧址

s-jizouin.jpg

地蔵院


ならなぎロゴ

スポンサーサイト



ならなぎ「西ノ京コース」

11月5日ならなぎ「西ノ京コース」に参加した。参加者が多かったため、臨時のリーダーを仰せつかった。快晴で秋晴れのもと、気持ちよくコースを歩いた。古墳あり名刹ありと、説明のし甲斐あるコースだ。西大寺からスタートして、喜光寺、垂仁天皇陵、唐招提寺、薬師寺と続く。拝観はしない事になっていて、もし全部拝観したら、飲み代が乏しくなる。参加された方々も充実したコースで喜んでもらった模様だ。15時半終了。
昼食

快晴の昼食

ならなぎロゴ

ならなぎ「ならまち・新薬師寺コース」

10月20日ならなぎの例会に参加した。初めての開発したコースを回ることになり、しかもリーダーをすることになった。
nara-yakushijiMt-1.jpgコースは左図の通りで、まずならまち(元興寺跡)を回ったが、狭い町のため密にならないように班ごとに行き順を変える工夫をした。ならまちセンターからスタートし元興寺・塔跡・御霊神社・庚申堂・ならまち資料館と、金堂跡の付近を説明しながら回り、旧大乗院庭園を経由して2社を説明後、荒池で昼食。その後、新薬師寺方面へ向かった。このコースで観察できる植物はオガタマノキ、ヤシャブシ、ハンノキ、タブノキ、クロガネモチなど多種にわたるが、リーダーをしていたので、写真撮影がままならず、入江泰吉写真美術館付近の栽培種だけをスポットにあて、載せておく。感想は覚えることが多く、距離が長いため、かなりハードだと思うが、やりがいのあるコースでもある。


s-セイヨウニンジンボク

セイヨウニンジンボク

s-ビーナスの樹

ビーナスノキ


ならなぎロゴ

よりみちクラブ「当尾の石仏を巡る」

10月14日ならなぎの「よりみちクラブ当尾の石仏を巡る」に参加した。この日は快晴となり、27人の参加者が最高のコンディションで楽しめた。10時に加茂駅に集合し、バスでまず岩船寺まで行った。リーダーは前回と同じY氏から巧みな話術で説明してもらった。コースは地図を参照。加茂地図
岩船寺で住職のお話を聞いてから、本堂の仏像を拝観した。ご本尊は阿弥陀如来坐像だ。そのほかにも沢山の像があり、すべて重要文化財となっている。本堂の裏山で昼食を頂き、浄瑠璃寺に向かって歩いた。途中多くの摩崖仏を見る事ができた。鎌倉時代のものが多かった。14時頃浄瑠璃寺に到着。ここでもご住職にお話しを頂き、本堂の仏像を拝観した。ここでは見どころは九体阿弥陀仏である。すべてが国宝だバスの時間がありゆっくりと拝むことができなかったが、ずらりと並んだ阿弥陀様は圧巻であった。14時44分の加茂駅のバスに乗った。
s-岩船寺本堂[岩船寺]
岩船寺の歴史は寛永九年(1632年)に編纂された「岩船寺縁起」によると、天平元年(729年)に聖武天皇が夢想によって大和国鳴川(現・奈良市東鳴川町)の善根寺(ぜんこんじ)に籠居していた行基に一宇の阿弥陀堂を建立させ、のちに弘法大師とその甥である智泉大徳が伝法灌頂(かんじょう)を修し灌頂堂として新たに報恩院を建立したのが草創の始まりとされる。「岩船寺縁起」が伝えるところによると、弘法大師と智泉が建立した報恩院が岩船寺の草創とされる。文化財としては「阿弥陀如来坐像(重要文化財)」「普賢菩薩騎象像(重要文化財)」「隅鬼(重要文化財)」「隅鬼(重要文化財)」他多数ある。

s-浄瑠璃寺本堂
[浄瑠璃寺]
この寺は京都の最南端。奈良との府県境に位置している。そしてこの一帯は古来より南都(奈良)仏教の聖地として大寺の僧が世俗の喧騒を離れ修養、研鑽のため出入りをした地域で小田原別所と呼ばれていた。また創建時のご本尊が薬師仏であったことから、その浄土である浄瑠璃世界が寺名の由来とされている。その後九体の阿弥陀仏とそれを安置する堂を建立し、庭園が整備され、今日の都より三重塔が移築された事により今も残る伽藍が出来上がったとされている。当山は池の東側に位置する三重塔と、そこに祀られている薬師仏、中央の宝池を挟んだ西側に本堂と九体の阿弥陀仏、さらに北側には南向きの大日如来像を祀る灌頂堂を含んだ三つの堂塔が現在の主要伽藍となる。

s-岩船寺三重塔Ⅱ

岩船寺三重塔

s-岩船寺十三重石塔

岩船寺十三重石塔


s-浄瑠璃寺三重塔

浄瑠璃寺三重塔

s-ご住職の話

浄瑠璃寺ご住職


s-三体地蔵摩崖仏

三体地蔵摩崖仏

s-わらい仏

わらい仏



ならなぎロゴ

「大仏池コース」

10月5日「大仏池コース」に参加した。午前は曇りだったが、午後から晴れてきた。今日は新人さんが数人リーダーとなったが、よく勉強している人、説明がうまい人、話術にたけている人など三者三様だが、最後まで懸命に役割を果たしたのが、伺われた。基本のコースなので、きっちり習得してもらわねばならない。10月ともなると植物は実の成長が進んで、熟す手前まできているのが多い。花は少ないが、サルスベリは百日紅と書くように長く綺麗に咲いている。またナワシログミが蕾を見せ、ギンモクセイが咲いていた。果実はイヌガシ、カクレミノ、タラヨウ、ナナミノキに生っていた。予定通り15時半終了。
s-サルスベリ

サルスベリ

s-ナワシログミ

ナワシログミ


s-ギンモクセイ

ギンモクセイ

s-イヌガシ

イヌガシ


s-カクレミノ

カクレミノ

s-タラヨウ

タラヨウ


s-ナナミノキ

ナナミノキ

s-イヌシデ

イヌシデ


ならなぎロゴ

プロフィール

NARANAGI

Author:NARANAGI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ならなぎブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR